歯医者

保険適用まだ難しい

女性

インプラント治療が健康保険にも適用されるようになりました。以前までは、インプラントは、保険適用外が通例でした。しかし、平成24年頃に病気や大事故で顎の骨で歯を失った人には、インプラント治療が保険で適用されます。ですが、健康保険の基準値に満たない人でなければ保険が適用されません。適用基準値は、顎の骨が一回の自己や病気で3分の1を失っている人、さらに上顎も一緒、顎の骨に腫瘍ができて切除した方などです。この用に基準値が厳しいので健康の人は、インプラントの保険がおりずに実費の金額を払う事になります。さらに、歯周病や高齢の方には、適用されないケースもあります。保険機関が定めた基準値はあまりにも厳しいことでしょう。また、保険適用の場合でも病院の条件も決まっています。保険でインプラントをいれたいと考えている方は、実費で支払う事が良いのかもしれません。

インプラントは、前歯が抜けたり損傷してしった場合の人には良い治療法でしょう。前歯は奥歯に比べて頑丈では、ありません。インプラント治療を行なう病院の中でも費用によっては、ブリッジを進められる事もあります。どちらからインプラントの理由はないそうです。しかし、インプラントは、周囲の歯を削らずに済みます。健康な歯を削ってしまうと寿命が短くなります。その弱ってしまった歯から虫歯になるケースもあるからです。インプラントは、他の治療に比べて自然に近い歯になります。噛んでいる時にぐらつきを感じる事もありません、前歯を治したいのであれば一度医師に相談しましょう。